おせちの準備が、大変なんです。本当に面倒です。

おせち作りは結構、大変。
何が大変って、準備です。面倒なのです。

 

一般的には、20日過ぎになると食料品の価格が高騰します。
日持ちするものはなるべく早めに買われることをお勧めします。
おおよそのスケジュールですが、
12月26日 4日までの献立をたて、買い物リストをつくり材料を調達する。
12月29日 生鮮野菜と鮮魚を買い、下ごしらえが必要なものはして、冷蔵保存しておく。
12月30日 できるだけ料理を仕上げる。正月用の容器を出して洗い、すぐに使えるようにしておく。
12月31日 午前中に料理をすませる。

 

ですが、これ、無理でしょう。普通は。
おせちの習慣自体が現代のワーキングスタイルとは合致しません。
クリスマスが終わる頃には、仕事収め直前のご挨拶とか、忘年会で買い物どころではありません。
煮物はとにかく、一つ一つ煮るわけですから、時間もどうしたってかかります。
車えびの含め煮だって、せっかく苦労してつくったのに、一口でパクッってたべられちゃったら、
がっかりしませんか。(私は毎年、がっかりしています。もう、何もいいませんけど。)

 

主婦だって年末年始はゆっくりしたいもの。
たしかにそれなりの費用はかかります。
ですが、会社の忘年会や大掃除をこなして、さらに、下ごしらえをしておせち料理をつくるなんて、無理です。

 

そこで提案です。
通販のおせちを頼んでしまってはいかがでしょう。
盛り付け済みで送られてくるので冷蔵庫で保管してすぐ食べられます。これは便利ですよね。
下の写真は「雅の舞」24300円(税込・送料込)


 

これ、家庭では作るのはちょっと骨が折れるし、材料費もそうとうかかります。

 

↓↓↓まだ、申し込み可能なおせちは下をクリック↓↓↓
紀文オンラインショップ

 

ただ、通販というとグルーポンの事件を思い出しますね。
通販で、どこの誰がつくっているのかわからない。
料亭の味っていったって本当かどうかわなからない。
そんな不安もごもっとも!
だからこそ、紀文のおせち、ありだと思います。
海産物、とくにおでんの具て有名な紀文ブランドです。
もちろん、中国産の原材料は使っていません。
盛り付け済みです。
金額は 円、円、円と3種類から選べます。
おせちは実家の両親用、夫やお子さん、そして料理をつくるあなた!
団欒を囲む家族全員が喜ぶものを作ることに時間を割きませんか?
紅白と年越しそばとお雑煮とおせち!大晦日の夜から元旦の夜位まで、ですよね。
だからこそ、その時間を家族みんなで楽しく過ごすことに専念するというのもいいかも。

 

↓↓↓まだ、申し込み可能なおせち↓↓↓

 

テレビでもこの時期になると百貨店のおせち特集というのがはじまりますね。
おせち、現代の働く女性にとっては、作るものではなくて、買うものなのかもしれません。
ハロウィーンが日本に定着したのと逆におせちの文化は都市部では廃れていかざるをえないですよね。
もう一度いいますが、おせちは面倒です。無理して作る必要、ありません!

 

とにかく、年末の忙しい時期に無理をしてはいけません。
もっといえば、せっかくの大晦日、お正月です。家族みんなで楽しみましょう!
まだ、間に合います。
コンビニや近くのスーパーのおせちよりははるかに信頼が置けます。
比較してみてください。価格も、ボリュームもぜんぜん違います。
下は人気ナンバー1の「祝いの幸」17280円(税込・送料無料)です。



このクオリティであれば舅姑も、おいしいおいしいといって食べてくれます。
去年は食べてくれました。
ただし、気をつけなればいけないのは、一度、紀文のおせちを頼むと、
来年も頼まなければならなくなる可能性があります。
そのくらい。旨い、のです。

 

↓↓↓まだ、申し込み可能なおせち↓↓↓